判決書の法的要件

判決書の作成は裁判官の職権

  

民事訴訟法第二百五十三条

判決書には

一から六までのことを記載しなければならない

  

 

民事訴訟規則第百五十七条

判決書には判決した裁判官が署名押印する

民事訴訟規則第百五十八条

裁判官から交付された判決書に書記官が言渡し日及び交付の日を付記し押印する

判決書の原本

判決の言渡しは

判決書の原本に基づいてする。

   民事訴訟法第二百五十二条

 

 

   判決は言渡しによって効力が生じる

   民事訴訟法第二百五十条

 

  ※裁判官の署名押印がない判決書は

    法的効力がない偽造判決書。


※判決は言い渡されただけでは効力が生じるていることになりません。

※判決は、判決書の原本を読み上げて言い渡されたときに法的効力が生じます。それを確認できるのは、裁判所から送達される判決書です。

   その判決書が原本としての要件を全て満たしていたら適正に手続きされていることになります。

裁判の当事者に送達される判決書

書記官が裁判所に保管されている判決書の原本を謄写したものに判決書の様式を証明する書類(これは正本である)を添付したもの。

民事訴訟規則第三十三条

 判決書の送達は裁判所書記官の職権。

従って、書記官以外の者が送達していたらその者が罪を問われることになる。

 

█ 判決書の送達は、書記官の職権で送達される。民事訴訟法第九十八条

 

█ 判決書の送達は書留郵便等に付する送達。民事訴訟法第百七条

 

█ 判決書の送達は特別送達郵便法第四十九条

 

※謄写とは、3次元コピーのことで立体の全ての箇所が一致していること。

 裁判所では全て謄写でなければならない。

 

 複写とは、2次元のコピーのこと。※送達とは、郵送、手渡しを含む裁判所用語


当事者に送達される判決書は判決した裁判官の署名押印跡と書記官の押印跡がある!

 

判決に関する規定の準用 民事訴訟法第百二十二条

決定及び命令には、その性質に反しない限り、判決に関する規定を準用する。

 

最高裁判所規則第五十条

決定書及び命令書には、決定又は命令をした裁判官が記名押印しなければならない。

2 決定または命令の告知がされたときは、裁判所書記官は、その旨及び告知の方法を訴訟記録上明らかにしなければならない。

3 決定及び命令には、前二項に規定するほか、その性質に反しない限り、判決に関する規定を準用する。

 

 


当事者に送達されるのは、裁判官の記名押印跡書記官の押印跡がある!

判決書の様式を証明するもの

 

訴訟記録(判決書)の様式を証明するもの。

民事訴訟規則第三十三条 訴訟記録の正本等の様式

訴訟記録の正本、謄本又は抄本には、正本、謄本又は抄本であることを記載し、

裁判所書記官が記名押印しなければならない。押印=裁判所書記官の公印

 

 

●「これは正本である」と記載されていたら

 判決書に原本と同じ法的執行力が生じている証明する。

 裁判の当事者に送達されるのは正本。

●「これは謄本又は抄本である」と記載されていたら

 第三者が判決内容の閲覧や確認をするときに判決内容を証明するだけのもの。

 

判決書の作成権限は裁判官にあり、書記官の職権は、判決書の保管、管理、交付、送達です。

従って、訴訟記録(判決書)の様式を証明する書類は、保管されている判決書を謄写して交付する時に添付する書類であり判決書ではありません。それなのに、判決正本とかの言葉で誤魔化されます。


 

偽造判決書かどうかを判断する箇所(裁判官の署名押印跡、書記官の押印跡確認)

裁判官の署名押印跡、書記官の押印がない判決書に「これは正本である」と記載した証明書を添付されていたら法的効力がない判決書を正本認証しているので不正を行使されています。

 何故なら、判決した裁判官の署名押印した判決書の原本に基づいて判決を言い渡さなければ法的効力が生じないことと、その判決を言い渡し後に裁判官から書記官に交付され言い渡しの日を付記し書記官の押印したものが裁判所に保管しなければならないので、送達される判決書には、必ず判決した裁判官の署名跡、押印跡、書記官の押印跡があります。 書記官は判決書の原本を謄写したものしか交付できません。

 従って、裁判官の押印跡がない、書記官の押印跡がない判決書は偽造判決書になるため、その偽造判決書を正本認証していることが違法行為であり不正をしている証拠になります。

 

※正本認証の箇所に裁判所書記官の公印の押印が書記官記名の下になっている。

押印の目的は、文章を書き込んだ最後に間違いないことを証明するためのもの。従って、押印は印字や筆記の上になっていなければなりません。

 

※裁というパンチ穴でも誤魔化される

判決書の原本を謄写した判決書とその判決書の様式を証明するものが一対であることを証明するために、裁というパンチ穴で通している。

判決書を正本認証した書類が偽造判決書と組み合わせて不正されても分かるようにしている。 

 従って、法的効力がない偽造判決書を正本認証しパンチ穴が一対になっていたら欺されるのは当然であると思います。

判決書を偽造するためにこのパンチ穴を通すための機械を作ってまで不正をするだろうか?と思うと、法に無知な私たちは訳が分からなくなるのです。そう思う前提に、裁判官や書記官が不正をするハズがないという強い思い込みがあるからです。

 

 

大阪地方裁判所河野仁志書記官が自ら不正をしていることを電話で説明した。

判決書の再交付を依頼するために大阪地方裁判所に電話したところ、対応した河野書記官が説明されたのは、すでに送達されている判決書のコピーを持ってきてくれたらそれを「正本認証」していると書記官として有り得ない違法な説明をされました。不正が蔓延っている証拠です。

 

※弁護士に裁判官の署名押印がない判決書、裁判官の押印がない決定、命令書についての疑問を質問した時に、弁護士が

質問とは関係ない判決書の様式(これは正本である)についての箇所の説明をされ記名押印をすると書いてあると嘘の説明をされます。