裁判所を舞台にした財産強奪事件の容疑で告訴

被害者:納 寛文

 職業:生命保険代理業

 

 

加害者

主犯

アイエヌジー生命保険会社(現エヌエヌ生命) 代表執行役社長歴代3名

(元)エディ・ベルマン、(元)山口 徹、(現)サティッシュ.バパット

代理人弁護士(アイエヌジー生命保険会社、現エヌエヌ生命)

山岸正和、岩井泉(協和綜合法律事務所)

 

代理人弁護士 大阪地裁のみ(被害者納 寛文)

中原和之(中原法律事務所)

 

加害者の手数料違法請求を正当化した正犯

裁判官:14名

尾河吉久(大阪地裁)、河邉義典、亀田廣美、上野弦(大阪高裁)、岡部喜代子、大谷剛彦、寺田逸郎、大橋正春、木内道祥(最高裁)、小佐田潔、浅井隆彦、杉村鎮右(再審請求は大阪高裁)、安西二郎(神戸地方洲本支部)、近藤義浩(東京地裁)、

書記官:11名

寺嶋紗知子(大阪地裁)、岩本直樹(大阪高裁)、小杉由美子(最高裁)、村上章子(大阪高裁)、藤井真広(神戸地裁洲本支部)、赤坂和美(神戸地裁洲本支部)、篠原良輔(神戸地裁洲本支部)、相沢孝一(東京地裁)、河野仁志(大阪地裁)、澤田将樹(大阪高裁)、溝上真(最高裁)

破産管財人弁護士

浅田修宏(六甲法律事務所)

破産管財人事務所事務職:

吉村(名前不詳)六甲法律事務所事務職

ゆうちょ 銀行株式会社代表執行役社長

長門正貢

検察官

青野仁(神戸地方検察庁)

 

 

偽装裁判が行われる舞台になった裁判所

l  大阪地方裁判所

l  大阪高等裁判所

l  最高裁判所

l  再審請求は、大阪高等裁判所

l  東京地方裁判所

l  神戸地方裁判所洲本支部

 

犯罪の容疑

刑法236条(二項強盗罪)、刑法156条及び刑法158条(有印公文書偽造罪及び同行使罪)、刑法194条(特別公務員職権濫用罪)、刑法230条(名誉毀損罪)、刑法233条(信用毀損罪)、刑法234条(威力業務妨害罪刑法197条(収賄罪)、組織的犯罪処罰法違反