偽造差押命令書


差押ができたのは、大阪地裁偽造判決書

大阪地方裁判所から送達された偽造判決書に差押ができる仮執行宣言までつけられた。

差押をするには、判決書の写しを当該裁判所に必要書類として提出しなければならない。

しかし、この判決書は法的効力がない偽造判決書。その判決書を東京地方裁判所が受理している。

偽の判決書で他人の財産を権力を行使して強奪する用意をし行使した。これが偽装裁判の目的

そして、裁判が開かれたように見せかけて偽造差押命令書が交付された。

債権差押命令の判決した裁判官近藤義浩の押印跡がない偽造命令書を送達されました。

ゆうちょ銀行は、この偽造差押命令書を根拠にゆうちょ銀行の預金者に黙って差押されました。この行為は、アイエヌジー生命の強奪に参加されたことになります。金融機関も不正に荷担したことになります。

この通帳は、当時娘の住まいに借りている家賃支払いに使っていたもの。

突然に差し押さえられたので家賃の支払いに困りました。

ゆうちょ銀行も偽造差押命令で差押に協力したことになる。


ゆうちょ銀行に差押は偽造判決書による差押なので無効であり、差し押さえた預金を至急に返金して下さいという内容証明書をゆうちょ銀行に送りました。その回答は、差押命令は正本であると判断しているという回答で返金しないとのこと。詳しくは裁判所に確認して下さいと自社の責任を転嫁する内容でした。

ゆうちょ銀行は、預金者の保護を優先しなければなりません。また、当然銀行業務には差押、相続、所得税などに関連することが少なくないので、法に詳しくなければならないことはいうまでもありません。判決した裁判官の押印跡がない命令書に法的効力が生じている公文書ではないことは、誰でも判断できることです。従って、ゆうちょ銀行も裁判所の不正を認識して荷担していたと推測できます。下記書類はその内容の質問と回答書です。


差押命令での犯罪の容疑は

二項強盗罪、二項強盗幇助罪、有印偽造公文書作成罪、同行使罪、弁護士法違反、公務員職権濫用罪など

犯罪の容疑者は、アイエヌジー生命(現エヌエヌ生命)代表執行役エディ・ベルマン、弁護士 山岸 正和、裁判官 近藤 義浩、書記官 相沢 孝一、ゆうちょ銀行代表執行役社長 長門 正貢。