同じ事件番号の大阪高等裁判所の判決書を再交付したら、裁判官の署名だった。


同じ事件番号の判決書を再交付してみると、裁判官の署名されたものであった。

 

最初から署名された判決書があったなら、その判決書を謄写して送達されるので、記名の判決書を送達されることはない。

ところが、送達された判決書は裁判官の記名だけである。

 

裁判所の筋書きは

地裁判決書を送達したときに、偽造判決書を指摘された時に弁護士が判決書を偽造したと言い逃れができる。

若しくは、

事件番号を裁判所に確認しその判決書の原本が保管されていたら、それは手続きの問題で判決は覆らないと脅して言い逃れができるように筋書きされている。

 

ところがそれは高裁に控訴するまで

大阪高等裁判所に控訴する時に必要な書類は、

地裁から送達された偽造判決書の写しと控訴理由書を提出します。書記官が偽造判決書だと指摘しないで受理し、口頭弁論が開かれたら高等裁判所も偽装裁判の荷担者になる。

従って、大阪地方裁判所に保管されている裁判官の署名押印がある原本と言われる判決書も偽造判決書になる。

 

そして、高裁判決で送達される判決書も 裁判官の署名押印跡がない記名だけの判決書。

 本件では、裁判所に保管されている判決書の原本に署名されている3名の裁判官の筆跡は同一人物が書いたと思われる筆跡であり、押印もなかった。さらに、再交付した大阪地裁判決書に署名されている筆跡とも同じであると思われる。

 

 地裁判決書が偽造であったから高裁判決書も偽造判決書である。判決書が送られるが正規の裁判をしていないことになる。

これが偽装裁判である。



これが裁判所の実態です。応援宜しくお願いします。