一生懸命働いて得た収入から手に入れた自宅です。

アイエヌジー生命(現エヌエヌ生命)から突然に820万円もの手数料違法返還請求をされ、拒否したら新たに支払うべき手数料があれば差し引かれ、裁判で違法判決手数料を支払った側に故意または重大な過失がなければ請求は適法とされたしかし、世界常識は、手数料を受け取った側に故意または重大な過失がなければ返金請求できないのです。)で手数料違法返還請求を適法化したようにみせかけられ法的効力がない(裁判官の署名押印がない)偽造判決書を裁判所から送られてきました。予定していた収入を奪われたために住宅ローンなどの支払いが困難になり手放すことになりました。さらに、ゆうちょ銀行の預金を差し押さえられ、そのうえに偽装破産までさせられ信用、名誉、仕事までもぎ取られました。公権力を不正に行使されると立ち直るのは困難です何故なら、何も分からなければ世間は公的機関を信じるからですこんなことが許されるのであれば皆がやっちゃいそうなことだと思いますが、モラルや自重心があればこんなことは絶対にしてはいけないことだと分かる事。

裁判官、書記官、弁護士は、こんなむごいことを平気でできる精神構造になっているのです。これは、権力を悪用した強奪です。絶対に許せることではありません。