判決書に関する各法律の説明部分のコピー

判決書に関する法律を確認すると、判決書に関する説明は民事訴訟法第二百五十条からで記載されているのに、その判決した裁判官の署名押印がいることについては、民事訴訟規則第百五十七条に分けられている。さらに、命令、決定などの場合は裁判官の記名押印という部分も最高裁判所規則に分散されています。

判決に関しては裁判官の署名押印は判決書に欠かせないことであるから、法律の説明では同一箇所に記載すべきであると思います。それを敢えて分散して分かりにくいようにしていることから、法律を作成する時点から不正行為ができるように考えられていたとも受け止めることができます。